1.0 ランニングによる怪我を防ぐ新しいトレンド

 

 

「ランニングによる怪我を防ぐ新しいトレンド」セミナーはこれまで100回以上開催されており、開催場所は五大陸のすべてにわたっています。このセミナーは、数千人の医療従事者の方々のやり方を根底から覆してきました。最新の科学的エビデンスに基づいて構成されているこのセミナーは、根拠がないまま広く行われている数多くの実践を見直すきっかけとなっています。ランニング・クリニックの「認定」を受けるために、最初に受講するべきセミナーです。

 

 

 

 

セミナーの目的

 

最新の科学的調査に基づき、受講者に以下の力を身に付けていただくことを目的としています。

 

  • 故障中のランナーを評価する上で、最も適切な項目をアセスメントに適用する方法を学ぶ。(主観的および客観的)

  • ランニングのバイオメカニクスと様々なランニング技術の特殊性を理解する。

  • ランニング時に起きる怪我と人体構造、バイオメカニクス、筋力の関連性を理解する。

  • ランニングシューズの各カテゴリーの違いを理解する。

  • それぞれのランナーに最も適したランニングシューズを選択・推奨できるようにする。

  • ランナーの走り方(バイオメカニクス)を臨床的に評価する。

  • 個々の症状に応じて走り方を修正する。

  • 怪我の程度に応じて、最も適切な処置技術(保護または適応)を選択する。
  • 故障中のランナーに対して、機械的ストレスの数値をどのように用いたらよいかを理解する。

  • いつ、どのような時に柔軟トレーニングが必要なるかを理解する。

  • 個々の症状に応じて、足底装具(インソール)が本当に必要であるかどうかを見極める。

  • 様々な路面の特性を知る。

  • ランニング技術のドリルを的確に選択・処方する。
  • 怪我の特性に応じてクロストレーニングを処方し、トレーニングを的確に調整する。

  • 最も頻繁に起きるランニング時の怪我に効果的な新しいエクササイズ方法を処方する。

  • テーピングなど、最も頻繁に起こりやすい怪我の処置を学ぶ。