リストに戻る

Kaz Kikuchi

Business Development - Japan

カズは日本で生まれ育ちました。学生時代は選抜選手に選ばれるほどのサッカー選手でした。2006年に東京の大学で教育学部保健体育の学士を取得後、3年間、外資系人材紹介会社で代理人として経験をつみました。この3年間で自分自身のキャリアについて考えることが多々あり、様々な環境に目を向けている中で、理学療法士というアイデアが浮かんだのです。カズは2009年に理学療法士になるという夢を追い求めてカナダに移住しました。予想していた以上の時間を要したものの、一段階上がるごとに彼は人間として強くなり、健康分野においてカナダと日本の橋渡しとなる仕事をしたいという希望と情熱が高まりました。2018年、マギル大学の理学療法課程にて修士を取得、今ではランニング時の怪我に関する研究により培った最高の知識を日本に伝えることに力を注いでいます。

資格・称号

  • 理学療法修士(マギル大学、モントリオール、カナダ、2018年)
  • 学士・保健体育専修(東京学芸大学、2006年)
  • カナダ理学療法士協会(CPA)会員

教育経験

  •        パーソナルトレーニングコースでの指導(カナダ・スポーツビジネス・アカデミー、ウィスラー)
  •        日本のユースサッカーチームの強化・コンディショニングコーチ(バンクーバー、ブリティッシュコロンビア州、カナダ)

生涯教育

  •  徒手理学療法士上級コース:レベル1
  •  マッケンジー法コース-パートA
  •  パーキンソン健康回復(PWR)運動指導者認定
  •  機能的動作評価(FMS)レベル1&レベル2